2016年07月26日 (火) | 編集 |
子どもたちの夏休みイベント第1弾


富山県埋蔵文化センターへ


まが玉作りをしに行ってきました!







子どもたちが、体験したら面白そう♪


まが玉は子どもたちも興味あるみたいだし^^


・・・と、子ども主体で参加してみた


のに!!


甘かった・・・。


そうか、「親子考古学教室」


って書いてあったのはそういうわけか!


という、大変さがありました^^;







今回、まが玉を作る石は、


硬度1の柔らかいものなんだそうです。


ちなみに、一番固いダイアモンドは硬度10。


まずは、その石に穴を開けます。


2016.07まが玉作り


写真は、一番最初の石にとにかく傷をつけているところ。


この後、火おこしのように、


竹串(ですよ^^;相手は石なのに・・・)でゴリゴリ穴を開けていきます。







この作業がも~ぉ!大変!


子どもだけでは開けられません。


「だから親子教室なんですよ^^」とか。


しかも、うちは×2


・・・大人は1人なんですけど~


「昔の人の気持ちを味わいながら竹で開けていきましょう」


じゃないよ~っ


この、作業だけで50分かかりました^^;


・・・手にマメ出来た・・・








穴が開いたら、好きな形に外側を削っていきます。


2016.07まが玉作り2


ここは、柔らかい石ということで、


コンクリートでごしごししたら、結構簡単に削れた!


よくある形(生命という意味で胎児の形に似せているらしい)に削り、


角ばったところを面取りして、


やすりで磨いていく・・・


次女は、帰ってきてからもいつまでも磨いてたな^^;







ピカピカつるつるになったまが玉に


糸を通して完成!!


2016.07まが玉作り3


午前中で終わるかと思いきや、


帰ってきてからも削ったり磨いたり


結局、一日仕事・・・。


まあ、大変だったけど、


磨いてるのは楽しかったし、


つるつるになっていくのが嬉しかったし、


よかったですよ^^


次女、家宝にする!


と言っておりました♡




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック